ピエールの心臓

フリーランスを目指す「20代×転勤族の妻×専業主婦」のブログ。転妻ライフ・文学・インテリアが中心。自称「健やかなスピリチュアル研究家」。

転勤族の妻がフリーランスを目指して奔走(迷走?)しはじめました

f:id:tajoutakon:20181119130915p:plain


こんにちわ。双耳です。

 

いろいろ手をだしてややこしいことになってます。

 

 

が、しょうがない。

もろもろに興味関心がわきすぎるのです。

 

パーソナルカラリストを目指したい、が。

 

デザインと同時進行で、以前から趣味で診断していた「パーソナルカラー」を本格的に学ぶことに決めました。↓ 

 

www.tajoutakon.com

 

パーソナルカラーの診断は通常、自宅サロンやレンタルオフィス、クライアント宅への出張など、対面で行うことが基本です。

 

ただ、近年ココナラなどオンラインでの診断も流行の兆しを見せ始めています。

 

そうです!

夢はココナラ出品です!

 

 

もちろん、対面での診断もしていきたいです。

道具さえ運べばどこに転勤になってもできる仕事であるというのが大きいですね。

 

個人事業主として仕事を得て、転勤族の夫にいつでもついていけるというのが理想です。

 

(ここでジェンダー論とか振りかざされてもこまります。私は人のカネで引っ越しができるのが嬉しくて好きで転勤族の妻をやっているのです。)

 

 

昨晩の事件

f:id:tajoutakon:20181119133803j:plain

そういう話を昨日、夫にしたら、鼻で笑われました。

 

「パーソナルカラーのオンライン診断、ココナラに130件くらいもう出品があるんだけど、私もやりたいんだ!」

「へぇ~でもそんなの勉強すればだれでもできるでしょ」

「あ?!?!?!?!?!?」

 

 

あ?!?!?!?!?!?!?!?!?!

 

 

 

それはモラハラだぞ?!?!?!?!?!?!

あああん?!?!?!?!?喧嘩うってんのか?!?!?!?!?

 

 

 

 

 

発言の失礼に対して不服申し立てを行い、昨晩は一緒にアニメみてあげませんでした。

 

(夫婦仲は良い)

 

夫婦はお互いの応援団であるべき

 

しかしマンガのNANAにも出てくるけど、良好な夫婦関係を構築するには、理解できなくても相手の大切にするものを大切に思ってあげなきゃいけないんですよね。

 

私だって「社畜」の夫が会社の休日に会社携帯を持って帰ってきて、旅行中でも取引先との交渉をして観光の時間が減っても文句言わずにいるのです。

 

アホみたいだとは思っているけど!!!

 

「あなたそんなのは働き方改革という時代に逆行しているわよ」と正論を述べるのではなく

「そんなことまでしないといけないなんて本当大変ね。ご苦労様」とねぎらうのが良き妻の仕事なのではないかと思っています。

 

周りに流される夫をひっぱたくのもいいかもしれないけど、それじゃ癒しがないじゃない。

 

だから応援してくれ!夫よ!

 

夫からモラハラを受けないよう自立しよう

 

正直、転勤族の妻は夫に経済的に頼る面が大きく、モラハラを受けやすい女性なのではないでしょうか。

 

自分自身はモラハラめいたことを言われても断固として抗議をするくらいには厚かましい専業主婦なのですが、どんな転勤族の妻でも自分を卑下しなくてもいいと思うのです。

 

卑下する理由はひとつ。経済力がないからです。

もちろん理由があって経済力がない人もいるので一概にダメではありません。

 

ただ、卑下しなくてもいいようにするには、経済的に1円でも自分で稼ぐようになることです。

 

※くわしくはこの「専業主婦は2億円損をする」に書かれているので転勤族の妻はぜひご一読をおすすめいたします。↓

専業主婦は2億円損をする

専業主婦は2億円損をする

 

 

ぎゃふんと言わせてやる

 

純粋に好きで興味があるからはじめた「パーソナルカラー」の勉強ですが、ついに本格的に自立に向けて実用的に学ぶことになりました。

 

絶対パーソナルカラリストになったる。

 

いまに見とけよ。

 

 

 

 

 

次の試験は来年の7月だけど。

 

 

・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

★関連記事★

 

www.tajoutakon.com

www.tajoutakon.com