ピエールの心臓

フリーランスを目指す「20代×転勤族の妻×専業主婦」のブログ。転妻ライフ・文学・インテリアが中心。自称「健やかなスピリチュアル研究家」。

現役【子なし専業主婦】が『専業主婦は2億円損をする』を読んでみた

専業主婦は2億円損をする

 

こんにちわ!現役専業主婦をやっています!双耳です。

 

 

今日は若干ブームに乗り遅れた感がひとしおですが、

橘玲さんの『専業主婦は2億円損をする』を専業主婦の立場から読んでみましたのでレビューしてみたいと思います。

 

 

結論から言うと「現役専業主婦が怒り狂うような内容はどこにもない」ということです。 

 

  

 

実は今の専業主婦には同情的

 

この本で橘さんは、切実にこう訴えています。

 

「専業主婦は幸せ、勝ち組」はもう時代遅れの幻想だよ!先進諸外国の最先端の思想や風潮に合わせて生きていかないと人生ハードモードになるよ!しかも2億円をドブに捨てることになるよ!

 

親心なのか不憫に思う感情なのかわかりませんが、娘の将来を懸念するトーチャンかおせっかいな親戚のオジチャンが心配してくれているかんじの父性を感じます。

 

加えて、

 

「おま、専業主婦になりたいとかバカじゃねえの?よく考えた?ぜんぜん幸せじゃないよ?むしろ自由と幸福からもっとも遠い人種よ?」

 

みたいな嘲りも聞こえますがw

 

ただ、これはこれから本書の前半において将来を考えるであろう少女たちに向けて発せられたメッセージであって、むしろ後半は現役の専業主婦には同情しているような論調なのです。

 

これが一番橘さんが誤解を解きたかったところなんでしょうね。

 

もちろんそのままでいいとは言っていません。「今から専業主婦を目標にするのはよせ」と言っているのと同時に、「では今現在専業主婦である女性がどう生き抜いていけばよいか?」という方法を示してくれてもいます。

  

そして最終章は「母子家庭というリスク」です。

 

 

実は女性向けに人生のリスク回避方法を教えている

 

橘さんらしい「残酷な世界をどう生き延びるか?」が主題の本でした。

いわば女性のためのリスク回避のノウハウ本です。

 

「でも」「だって」は決して言わせないほど隅々をカバーしています。

「結婚して子供を産んだってなにひとついいことはない」とは言わせません。

 

 

Amazonふうにいうなら星は総合5つです。

 

専業主婦願望でなくても女性は一度読むべき度★★★★★

 

全体をまとめると、だいたい橘さんから専業主婦と専業主婦希望の女子に向けて発せられた忠告はこの3か条かと思う。

 

その1:自分から自由と幸福をドブに捨てる自立していない女だと思われないよう、グローバルスタンダードに合わせていけ。日本もいずれそうなる。

 

その2:専業主婦で金持ち家庭は夢のまた夢。自分でも働け。じゃなけりゃ旦那に捨てられたら貧困まっしぐらだぞ。

 

その3:ジェンダー格差ありまくりの今の日本で子供を産んでかつ働きたいなら、企業にやとわれず好きなことを生涯現役でできるフリーランスになるべし。または子育ては外注してしまえ。一番は二人ともフリーランスになるべし!

 

 

どれも耳は痛いのですが、その通りだと思います。

 

今の体制のせいにして嘆いていて何も変わらないのなら、自分で抜け道を探してこっそり幸せをつかむしかないのです。

 

ただ、専業主婦のみんながみんなどうしても働きたいと思っているわけではないでしょうが、子供を産んでも、好きなことをみつけてフリーランスで働くとより幸福になれるというのは今を生きる女性にとって福音ではないでしょうか。

 

 

幸福は自分で勝ち取りにいくことができるのです。

 

 

これは、独身女性にいつかは訪れるであろう「仕事か家庭か」という問題にぶちあたったとき、どう対処すべきかということでもあり、今現在専業主婦である女性が幸福になるにはどうすべきかという疑問に答える本でもあるので、貧困や不幸を否とするすべての女性に読んでもらいたいと思いました。

 

 

タイトルがマズイ度★★★★★

 

この本はそのタイトルの煽り文句が多くの現役専業主婦をカチンとさせてネット上で大炎上した書籍です。

 

わたくし双耳も現役専業主婦でありますが、タイトルは

 

『専業主婦は2億円損をする』

 

ではなく

 

『専業主婦は人生ハードモード』または『専業主婦がこれからの残酷な世界を生き抜く方法』

 

とかのほうが喧嘩の火は小さくてすんだんじゃないかと思います。

 

橘さんの著書っぽいタイトルだしまあまあキャッチ―じゃないですか。

 

これであれば「好きでやってんじゃねーよ!」という声に変って「そうよ専業主婦って実は困難が多いのよ!いいから女はまず自立なさい!」という共感と少女への激励の声になることでしょう。たぶん。

 

 

でも外観しかつままずに中身を見ない人からしたらどちらにしろ炎上していたか。

 

 

妻に読むのを強制するのはモラハラである度★★★★★

 

間違っても旦那さんは専業主婦の奥さんにこの本を「君もこれ読んで勉強しなよ」なんて言って渡してはいけませんよ!家にさりげなく置くのもNGです!

 

それはモラハラかつ「俺一人では母子を養えないくらい俺の稼ぎは少ないです」と暴露しているようなものですからね。

 

あくまで自主的にこの本を読んだ方が本人のためです。

 

余計な喧嘩になること請け合いなので、気を付けてください。笑

 

 

「あとがき」から読んだ方がいい度★★★★★

 

すべてを読まないにしても、ここから読んだ現役専業主婦なら「私だって好きでやってんじゃないわよ!」「専業主婦をやったこともないのに何言ってんの」という的外れの批判をすることはないでしょう。

 

 

♪今日の一冊♪

橘玲『専業主婦は2億円損をする』

専業主婦は2億円損をする

専業主婦は2億円損をする

 

 参考文献に挙げられているこちらの本も読んでみたいですね↓

愛はなぜ終わるのか―結婚・不倫・離婚の自然史

愛はなぜ終わるのか―結婚・不倫・離婚の自然史

 

 

ご参考になれば幸いです。

それでは。

 

 

★関連記事★

 

www.tajoutakon.com

www.tajoutakon.com