ピエールの心臓

フリーランスを目指す「20代×転勤族の妻×専業主婦」のブログ。転妻ライフ・文学・インテリアが中心。自称「健やかなスピリチュアル研究家」。

転勤引越し初日にカーテンが無い問題はタオルケットで解決

f:id:tajoutakon:20181030170747j:plain

まる見え



こんにちわ~双耳です。

秋もめっきり深まり、いよいよ太陽高度が低くなってきましたね。

 

 

横殴りの日差しが目に痛いほどです。

 

今日はカーテンもどきをつくる方法についてです。

 

 

 

 

が、その前に。

 

 

 

 

 

ここで突然ひとつ、和歌をご紹介します。

ご存知の方も多くいらっしゃると思います。

 

 

 

 

心なき 身にもあはれは 知られけり 

鴫立つ沢の 秋の夕暮れ

 

 

 

 

言わずと知れた西行の歌ですね。

新古今和歌集』におさめられており、

「三夕の和歌」の一つとしても数えられています。

 

 

これから生き物にとっては生きるか死ぬかの越冬を迎えるわけでして、

秋の夕暮れというのは、まもなく命が終わるかもしれないもの悲しさと最後の輝きがあるからこそ、しみじみと美しいのです。

 

 

 (歌の解釈はひとそれぞれでしょうが…私はそう感じます。)

 

 

 

 

ところで、

転勤族のみなさんなら必ず一度はブチ当たるのが

 

「引っ越すたびに窓のサイズと数量が変わって初日はカーテン無いねん問題」です。

 

あるある。

 

 

異動命令はいつも突然に

 

企業にもよりますが、転勤族の異動の内示はだいたい2週間~1か月前に発令されます。

 

ちなみに夫の会社は2週間前です。

そしてその日から、ハイパー焦る2週間がはじまりまるのです。

 

働いていたら職場に退職を通知して、ジムや習い事などその地域で契約していたものを解約して、役所に異動届を出して、引っ越し業者に見積もり頼んで、転勤先の住居を探して(内見なしで決めることも)、引っ越しの荷造りはじめて、子供がいれば転校の手続きをして・・・etc

 

共働きであれば、ゆっくり部屋を決めている余裕はほぼありません。

 

わが家では、会社が提携している不動産会社から送られてくる部屋情報のFAX(白黒の紙)を20件ほど見て、googlemapと照らし合わせながら今の住居を決定しました。

 

内見していません。

 

そしてやっぱりカーテンが足りない!

丈も全然合わない!

 

隣の家すぐそこやのにまる見えやないか!

 

 

orz

 

 

そんな転勤族の方に、即席でカーテンを作る方法をお教えします。

 

必要な材料

 

必要なのは、メジャー1つと、タオルケット2枚と、カーテンピンチ(クリップ)20本前後です。

 

 

100円ショップにも売っています。

 

タオルケットは薄い生地のものがカーテンとしては使いやすいです。

 

100円ショップにも売っています。

ひっかける口は大きく開いたものが最適です。

 

 

今回は「無印良品」のタオルケットと「ダイソー」のカーテンクリップを使いました。

 

手順

全部で6工程です。10分もあれば終わります。

 

①必要な丈と幅をメジャーで計る。

大体でいいです。長すぎて引きずることがあっても新しいカーテンが出来上がるまでの短い辛抱ですから。 

 

②不要な丈のところでタオルケットを山折りにする。

f:id:tajoutakon:20181030175439j:plain

山折り

 

③その半分を谷折りする

f:id:tajoutakon:20181030175609j:plain

谷折りする

 

④全体を裏返す

裏返すときに折った形が崩れないように気をつけてください。 

 

⑤山折りした「山」と谷折りしており返した「端」を揃えてクリップで挟んでいく。

f:id:tajoutakon:20181030175655j:plain

クリップを挟むときにちょっと力がいります

 

生地が厚いタオルケットであれば、1回の山折りだけで十分かもしれません。調整してください。

 


幅90cmくらいのカーテンを作りたければ、カーテンクリップは10個は使ったほうがいいです。

 

クリップが少なすぎると布が引っぱられて負荷で生地が伸びます。

 

 

もう一枚のタオルケットも②~⑤を繰り返します。

 

 

⑥カーテンレールにひっかける

f:id:tajoutakon:20181030180120j:plain

もちろん「レールランナー」にかけてもOK

 

完成です!意外と「カーテンそっくりさん」。

f:id:tajoutakon:20181030180342j:plain

 

 

いかがでしたか?

 

まとめ

 

今日は、引っ越しの多い転勤族のご家庭のために、

「初日にカーテンがなくても即席で”カーテンもどき”を作る方法」をお伝えしてまいりました。

 

ミソは、上部の折り返しです。

ここにボリュームがあると一気に「カーテンらしきもの」になります。

 

ただし、強く引っ張ったり長く「もどき」を使用しつづけるとタオルケットがのびのびでだらしなくなるので、ご注意ください。

 

 

 

 

さて、あなたの次の転勤はいつでしょうか?!

 

 

 

困ったときはぜひ一度おためしくださいね(^^)

 

 

 

読んでくださってありがとうございました♪

 

★関連記事★

 

tajoutakon.hatenablog.com

tajoutakon.hatenablog.com