ピエールの心臓

フリーランスを目指す「20代×転勤族の妻×専業主婦」のブログ。転妻ライフ・文学・インテリアが中心。自称「健やかなスピリチュアル研究家」。

【心療内科経過観察⑧】物欲の暴風域

f:id:tajoutakon:20190225101150j:plain


 こんにちわ。双耳です。

 

 

 

専業主婦でお金があるはずもないのに物欲と食欲が止まりません・・・。

 

台風並みの勢力で家計を荒らしていきます・・・。

 

 

 

 

しかしそんな物欲も、ある意味では朗報なのです。

 

 

 

物欲はメンタル安定の証拠

 

自分の経験上、物欲が沸いている時は比較的精神的に安定している時なのです。

 

心理学的には正反対の意見があるかもしれませんが、自分のメンタル悪化モードは「この世には何も意味がないから何を買ってもむなしい」感覚のため、散財にいそしむことはむしろメンタルが明るく人生を楽しもうとしている証拠なのです。

 

 

それでもお財布が死ぬことには変わりなし。

 

だいぶ懐が痛んでいます。

 

 

 

それでは今日は、鎮魂の意もふくめて最近買ったものをおさらいします。

 

 

 

①春色ニット

 

f:id:tajoutakon:20190225095950j:plain

 

以前の自分なら決して手を出さなかった色味です。

 

ブライトトーン2番とソフトトーン2番の間くらいの彩度の高い色です。CLEAR IMPRESSIONのセールで買いました。

 

昔なら、こんな派手な色・・・陰キャの自分にはまぶしすぎるわ・・・とグズグズしていたことでしょうが、パーソナルカラーを学ぶにつれて自分は鮮やかな色が似合うことがわかったことと、今はわりと前向きなこともあり、意を決して手を出してみた次第です。すでに理論で学んでいたのですが、予想通り顔に血色をもたらしイキイキと見せてくれました。 

 

カーキのスカートと白パンによく合います。

 

 

②フラットパンプス

 

f:id:tajoutakon:20190225100024j:plain

憧れのfelimage(フェリマージュ)です・・・・!なんともいえない品のある形!甲から足首までを美しく華奢に見せてくれます。

 

わが家は車なし族なので、基本的に移動は公共交通機関か徒歩になるんですね。2kmくらいだったら余裕で歩いて移動します。そのためヒールでカツカツのおデートは難しいのでせめて女性らしい足元にするとしたらバレエシューズかフラットパンプスになるんですよね。

 

もう8足しか靴はもっていないのですが、そのうち3足はスニーカー、1足は長靴、のこり4足はフラットシューズです。ヒールは予備もなし。そんな女もいます。

 

 

 

 

③バッグ

f:id:tajoutakon:20190225100114j:plain


 

Beauty&Youthの店頭で買いました。

もともとこの色が気になっていたのですが、ある日突然店頭から消えて何か月も見なくなりました。それがつい最近また復活していて、見つけたときにはもうレジに持って行ってました。笑

 

 

f:id:tajoutakon:20190225102310j:plain

ポケットがたくさんあっていい

 

最近派手な色味が増えてきたのでバッグは色味控えめです。

 

一応4月からまた働きに出る予定なのでオンオフ兼用できるものにしました。ポケットいっぱいでショルダーにもなるしコレは確実に出来る子・・・!

 

 

 

 

 

④コーディネートブック

 

f:id:tajoutakon:20190225100144j:plain

 

コーディネート本ってわりと流行り廃りがあるので敬遠しがちでしたが、これは比較的コンサバで流行に左右されないベーシックなアイテムの組み合わせが多かったのと、カラーを積極的にファッションにとりいれることに興味深々だったのとでもう5回も立ち読みしていたこともあり、さすがに長く読みたくて買ってしまいました。立ち読みしていてスミマセン。

 

配色のテクニックがわかりやすく書かれています。

f:id:tajoutakon:20190225100207j:plain

 

箪笥のこやしになっている服もこの本を読んだら復活するかも?!

 

 

 ▼配色がうまくなるおすすめコーディネート本▼

色使いだけで「今日おしゃれだね」と言われる~コーディネートの配色見本帖

色使いだけで「今日おしゃれだね」と言われる~コーディネートの配色見本帖

 

 

 

⑤dマガジン

 

f:id:tajoutakon:20190225100333p:plain

 

以前お試しで楽天マガジンも購読していましたが、VERYやCLASSY、Oggiなどの女性誌は品ぞろえがなかったのでdマガジンに鞍替えしました。

 

電子書籍は「文芸」には反対派なのですが、雑誌は積極的に電子化していもらってよいと思います。訳は別途noteに書きました。

 

それにしてもスクショができるのが便利ですね。レシピ系の雑誌はスクショ大量にストックしておけば献立に困ることが少なくなります。

 

 

⑥おくすり

 

地味に毎月打撃です!

そろそろやめてしまってもいいかな~と思うのですが、ここはプロの意見にまかせてしばらくお薬続けます。

 

 

 

まとめ

 

以上、この2月に新しく仲間入りした者たちです。愛してるよ。

 

 

続き↓

www.tajoutakon.com