ピエールの心臓

フリーランスを目指す「20代×転勤族の妻×専業主婦」のブログ。転妻ライフ・文学・インテリアが中心。自称「健やかなスピリチュアル研究家」。

【転勤族は突然必要になる】浄水器はどう選ぶ?3種類のメリット・デメリットを比較してみた【ウォーターサーバーも!】

f:id:tajoutakon:20181025192306p:plain

 

転妻のみなさん、こんにちわ。

双耳です。

 

転妻じゃない方も、こんにちわ。

 

今日は浄水器についてのお話です。

 

 

▼目次▼

 

 

転勤族は突然必要になる

f:id:tajoutakon:20181025210602j:plain転勤族といえば、これからの人生でいったいあと何回、そしていったいどこに住むことになるか分からないという特徴があります。

 

 

そして、そんな転勤族が突然ぶち当たる問題が、

 

「水道水が飲めない地域に引越してきてしまった問題」

 

です。

 

 

例でいえばワタクシ双耳は、

 

前回は北陸の水がきれいな地域に住んでいました。

もちろん水道水はそのまま飲んでいました。

 

 

 

そして今回は九州のザ・工業地帯です。

f:id:tajoutakon:20181025201506j:plain

※イメージです



時々ではありますが、水道水からスッパイにおいがします。

おそらく、消毒のための薬品のにおいなんだろうと思います・・・

 

飲めるには飲めるのですが、抵抗感で美味しく感じません。

 

 

はじめは2Lペットボトルのお水を買っていましたが、外で買うには重くて持ち運びが大変ですし、ネットで買うにもスーパより高くつきます。 

 

そこで浄水器の出番です!

 

水道水がきれいな地域でも浄水器はあったほうがいい

 

f:id:tajoutakon:20181025201600j:plain

 

日本は水道水の水質が大変よく、どこでも水道水は飲むことが出来るのですが、いまだ水道水の中に含まれる「トリハロメタン」の発がん性というリスクは残されたままです。

 

また、薬を飲むときや、赤ちゃんのミルクを作るときには水道水のカルキが気になりますよね。

f:id:tajoutakon:20181025210705j:plain

赤ちゃんがいるご家庭、これから出産予定のご家庭、薬の服用が多いご家庭に、というよりどんな家庭でも浄水器は設置しておきたいものです。

 

 

ということで、

 

実際に浄水器が必要になってから検討した3種の浄水器をそれぞれメリット・デメリット合わせて比較してみました

 

 

ご参考になれば幸いです!

 

 

3種類の浄水器

 

浄水器で飲み水を用意しようとすると、大体3パターンに分けられます。

それぞれ順番に見ていきまょう。

 

 

①蛇口に直接取り付ける浄水器

 

 

とてもオーソドックスな浄水器ですね。100円均一にも売っているくらいです。

 

 

【メリット】

◎ 工事ナシで簡単に設置できる。

◎ 初期費用が安い。

 

 

【デメリット】

▲ 引っ越し先によってはとりつけられない蛇口のタイプがある。

▲ フィルター交換が2~3ヶ月に1回必要。

 

 

【ポイント】

蛇口をひねるだけで浄水が飲めて、とても手軽です。

ただし「蛇口のカタチ」がネックですね。

 

 

シャワータイプ↓の蛇口だとまず取り付けできません。

 

 

↑のようなシャワーホースが伸びるようなタイプではない蛇口の場合は取り付けられることが多いです。買う前に要確認。

 

 

②据え置き型浄水器

 

 

一軒家だとよく見かけるタイプですね。

スマートなデザインも増えてきました。

 

 

【メリット】

◎ フィルターの交換時期が1~2年ほどで長いため手間が少ない。

◎ アルカリイオン水など料理と健康に最適な飲料水が飲めるタイプが多い。

 

 

【デメリット】

▲ 初期費用(本体)が高い。20000円~40000円位。

▲ 場所をとる。狭いキッチンの部屋に引っ越してしまったときに設置場所がない。

▲ 設置がやや面倒。電源が必要なものもある。

 

 

【ポイント】

据え置き型は一言でいえば「料理にこだわりたい人向け」です。

必ず毎回広いキッチンに住めるような富裕層向けでもあります。

 

 

 

③ポット型浄水器

 

 

 

ポットタイプは機械を使わないので、誰でも手軽に使えます。

冷蔵庫で保管することが多いです。

 

 

【メリット】

◎ コンパクトで置き場所に困らない

◎ 初期費用が最も安い

 

 

【デメリット】

▲ フィルターを頻繁に交換する必要がある。2ヶ月に1度くらい。

▲ 容量が決まっているため、手動でポットに水道水を入れる手間がかかる。

 

 

【ポイント】 

ポット型は導入にコストがほとんどかからないのが最大の特徴です。

大きくても2Lまでのものが多いので、大家族には不向きかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

ここまで3種類の浄水器のメリット・デメリットを比較してみました。

それぞれ魅力はありますが、

 

引っ越しがラク

☆場所をとらない

☆どんな蛇口のタイプでも大丈夫

 

といった条件がそろったポット型の浄水器」が、

いつどこに引っ越しになるか分からない転勤族にはおススメです!

 

 

 

 

私も③のポット型浄水器を使っています!

f:id:tajoutakon:20181025183959j:plain

水道水を入れて30秒ほど待つと浄水が飲める

 

f:id:tajoutakon:20181025184007j:plain

残りの浄水能力が目盛りでわかりやすい

 

私たちは二人暮らしなので、とても重宝しています!

コーヒーをいれたり、パスタを茹でたり、わかめやきくらげを戻すときにも使えます!

浄水能力の目盛りがのこり1つでも十分美味しく飲めます!

 

 

わが家は冷蔵庫が小さいので、1LタイプのBLITAを使っています。↓

 

 

 

 

ウォーターサーバーはどうか?

 

浄水器ではありませんが、ウォーターサーバーという選択肢もあります。

 

 

 

 

ウォーターサーバーの最大の特徴は、

突然の災害で断水になったときの備えになるということです。

 

浄水器と違って、お湯がすぐ出てくるというのもいいですね!

料理の手間が省ける。インスタントラーメンもすぐ作れますね。

 

ただし、

 

    • 浄水器より1Lあたりの水の価格が高いことがある
    • 大きいペットボトルのごみが出る場合がある
    • 引越時に契約中だと解約金がかかる場合がある
    • 電気代がかかる
    • 水道工事が必要なウォーターサーバーもある

 

といった面がありますので、転勤族は必ず、ライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選択されるのがいいと思います。

 

 

転勤族がウォーターサーバーを選ぶとしたら、【フジサンウォーター】であれば1年ごとの契約で、1か月分の水を無料キャンペーンをしているので、引っ越したばかりであればお試ししやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

ぜひ美味しいお水で、快適な転勤族ライフを送られてくださいね。

 

 

 

読んでくださってありがとうございました♪

 

★関連記事★tajoutakon.hatenablog.comtajoutakon.hatenablog.com