ピエールの心臓

フリーランスを目指す「20代×転勤族の妻×専業主婦」のブログ。転妻ライフ・文学・インテリアが中心。自称「健やかなスピリチュアル研究家」。

【転勤族の銀行口座】コンビニATM手数料がいつでも何回でも無料の銀行とは?

f:id:tajoutakon:20181128082439j:plain

 

こんにちわ、転妻2年目の双耳です。

今日は転勤族の銀行口座についてです。

 

 

この記事は、転勤族をはじめとして、銀行口座は主に入出金に使用していて、コンビニでいつでも何回でも手数料無料でATMを利用したいすべての方向けに書いています。

 

急に現金が必要になったとき、どこに転勤になっても、近くのコンビニで無料でいつでも出金できたら嬉しいですよね。

 

 

▼目次▼

 

 

転勤族の銀行口座選び

 

転勤族といえばあるあるなのですが、

みなさんは銀行口座をどこの銀行で作っていらっしゃいますか?

 

転勤先の地方銀行で作られる方もおられるでしょうか?

 

 

メガバンク・ゆうちょという方法

 

転勤族の作る銀行口座は、やはり「大手メガバンク」や「ゆうちょ銀行」の方が多いでしょうか?

 

確かに転勤族にとって「大手メガバンク」と「ゆうちょ銀行」は、全国に支店があるという点でもっとも人気が高い銀行だと思います。

 

最近はフィンテックの発達で銀行を利用する若い方が少なくなってきましたが、「何かあったときのために実店舗がすぐ近くにある」ことは安心につながります。

 

メインで使われるには最適な、作っておいて損はない銀行でしょう。

 

 

ネット銀行という方法

 

いまや当然のように存在している、「ネット銀行」を利用されている方も少なくないでしょう。

 

ネット銀行のメリットは、実店舗がないかわりに、コンビニATM手数料が月何回かは無料になります。さらに預金の金利が高いネット銀行もあります。

 

転勤族によくある手続きとして「住所変更」があげられますが、それもオンライン上で完結するのでとくに問題ありません。

 

すでにメインバンクとして使っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

  

 

ろうきんという方法

 

意外や意外、今回ご紹介するのは「ろうきん」つまり労働金庫です。

 

 

わたくし双耳の銀行口座は1つはゆうちょ銀行、2つめはろうきんです。

 

ちなみに一度地方銀行の口座を作って失敗をしました。

転勤したら当然ですがATMがないのです!!コンビニで引き出すにも手数料がかかって損をしました。 

 

ろうきんとは

 

ろうきんは全国に展開されている非営利目的の金融機関です。

 

中央ろうきん」「近畿ろうきん」「中国ろうきん」「九州ろうきん」・・・など、基本的に労働組合の会員向けですが、日本国内に住んでいれば誰でもその地域のろうきんで口座が作れます。

 

今は「口座開設アプリ」もあるので、自宅で365日24時間口座開設可能です。

 

 

ろうきんをえらぶ【メリット】

 

転勤族にとってろうきんの最大のメリットは全国どこのろうきんATMも使えること、そして全国のコンビニの入出金手数料が無料だということです。しかも回数限度なしです。

 

 

ここでいうコンビニは、セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」「サークルKサンクス」「ポプラ」「デイリーヤマザキ」「ミニストップなどです。

 

セブンイレブン終日無料ではありませんが、日中は無料です。

 

イオン銀行も日中の手数料が無料なので「マックスバリュ」でも買い物ついでに気軽に引き出せます。

 

ついでに言うと、「イーネット」のATMは「ライフ」「サミット」「バロー」などのスーパーにも設置されているので、近くのスーパーで手数料無料で何回でも入出金できます。

 

※九州労金のHPからお借りしています。

f:id:tajoutakon:20181128083324p:plain

f:id:tajoutakon:20181128083336p:plain

 

 

いつでも手数料を気にせずにコンビニ・スーパーでお金をおろせるのがとても魅力的だと思います。

 

 

【デメリット】もあります

 

デメリットとしては、九州ろうきん」で口座を作った場合は手続きは「九州ろうきん」でしか行えないということです。九州ろうきんだけではなく、他のろうきんも然りです。入出金はどこのろうきんATMでもできますが、窓口でするような手続きは口座を作った地域のろうきんしか利用できないのです。

 

ただし、このろうきんの口座を給与口座にしたり引き落とし口座に設定したり、入出金や振り込みをしたりといった店舗に行かなくても出来る作業だけであれば、このデメリットは無いに等しいです。

 

転勤族は住所がよく変更になりますが、ろうきんでは住所変更もオンライン上でできます。(ろうきんダイレクトへ登録が必要。)

 

どうしても使い勝手が悪くなれば、引っ越し先のコンビニATMで引き出してネット上で解約することができる「ろうきん」もあります。

 

※ろうきんの地域ごとにろうきんダイレクトで出来る手続きが異なる場合がありますので、必ず事前にご確認をお願いいたします。

 

まとめ

 

今回は「ろうきん」という、口座を作った地域の支店でなくては諸手続きができないデメリットがありつつも、コンビニや一部スーパーのATM入出金手数料無料という最大のメリットがあることをご紹介させていただきました。

 

よってメインの銀行は全国に支店があるメガバンク・ゆうちょ・ネット銀行のどれかで、サブの口座として「ろうきん」の口座を作ることをおすすめいたします。

 

 

 

利用者としては正直、かなり助かっています

108円でも216円でも、ちりもつもればバカにならないですもんね。

 

転勤先でもコンビニがあればいつでも引き出せるし、旅行先でも気軽に現金を用意できるのがとても魅力的です。

 

銀行引き落としも問題なくできます。 

 

今は「九州ろうきん」で開設していますが、これから転勤になって九州を離れてもネットで住所変更をしながら使い続けたいと思います。

 

アプリで口座開設をすることも可能ですので、ぜひ一度ご検討されてはいかがでしょうか。

 

 

>> お近くのろうきんを探す|全国労働金庫協会(ろうきん協会)

 

 

 

 

 

それでは!

 

★関連記事★

 

www.tajoutakon.com

www.tajoutakon.com