ピエールの心臓

フリーランスを目指す「20代×転勤族の妻×専業主婦」のブログ。転妻ライフ・文学・インテリアが中心。自称「健やかなスピリチュアル研究家」。

やきもの

プリミティブなものへの憧れ

恥ずかしながら文言葉、 「やきもの好き」を自称しながら、その大いなる歴史に関してはズブの素人だったところ、ちょうど『日本やきもの史』なるお誂え向きの書物に出くわしました。

人畜無害な人間は、大量生産の白磁に似る

『やきもの鑑定入門』が面白い。 「黒釉」「唐三彩」「染付」「白磁」「色絵」など、やきものの特徴ごとに年代や窯による違いなどが事細かく記載されている。写真つきなのもありがたい。 今日は「白磁」をお勉強。 おなじ「白磁」は「白磁」でも、時代や窯に…

福岡県東峰村の「秋の民陶むら祭」で人気窯元の【小石原焼】をゲットしました

こんにちわ。 陶磁器を愛する26歳主婦、双耳(@tajoutakon)です。 三連休初日の昨日23日、福岡県東峰村の「秋の民陶むら祭」に行ってまいりました。

【インスタ映え】うつわ好きが選ぶクリスマスケーキに合うお皿5選

こんにちわー!うつわ・陶磁器が大好きな双耳です。 もうすぐクリスマスですね。 街はすでにイルミネーションと赤緑カラーであふれかえりはじめました。 かくいう双耳もクリスマス大好きです。 赤と緑の補色カラーとゴールドやシルバーなどのキラキラに尋常…

プラスチックの食器に美学はあるのか

こんにちは、双耳です。 小倉城庭園で開催されている「武将のたしなみ~利久・三斎・織部とつながる松井家の茶の湯~」という企画展を観てきました。

「写経」ならぬ「写陶」で精神統一

こんにちは。双耳です。 みなさんは「やきもの」はお好きですか? 「やきもの」とはつまり「陶磁器」のことです。 陶磁器とひと口に言っても、実にたくさんの種類があり、生産国や手法でまったく違った魅力があります。 もちろん「陶器」と「磁器」とでも特…

唐突に「最近夫婦関係でなにか不満はない?」と夫に聞いて、三回くらい言葉を飲んでから言われたこと

織部焼と食パンは相性がいい

朝食はトースト派。 最近は小倉バターが鉄板です。 大人になってもパンの耳が食べられないので、朝食後はいつもこんな状態↓ 写真はあまりに見苦しいので絵に描きました。 というより食べる前に写真をとれよって話ですね。 こういうところ抜けてます。 今日は…

幸せな人生を送るための物語

秋贔屓でい。 3連休の旅行から帰ったら、突然アクセスが増えていたので戸惑っていたのですが、 先日の記事を姫姉様がツイートしてくださってたのですね! ありがとうございます(*^^*) twitterに不得手なもので、どうお礼をしたらいいものか分からず、…

「和鉄のみやび」展が全然話題になってなかったけど

少し前になりますが、 小倉城庭園でひらかれている展覧会 「和鉄のみやび」に行ってきました。 和鉄のみやび 引用元:2018年|企画展|北九州市立小倉城庭園[小笠原会館]

お気に入りの萩焼が割れた

ことのほか気に入っていた萩焼のうつわを割ってしまった。 供養のためにも、これから愛でるやきものはできるだけ記録に遺しておこう・・・。